目のくぼみ解消

目のくぼみを解消するには⇒プロに頼る編

地道な努力で、目のくぼみを解消するのが一番良いとは思います。

しかし30歳頃から目のくぼみで悩んでおられる方は、意外と多くの方が、美容外科でヒアルロン酸を注入したり、美容皮膚科でフォトフェイシャルを受けたりして、効果を実感しておられるようです。


もちろん、腕の良い医師を選ぶという事が絶対条件でしょうが、すぐに効果を求めたい人には向いていると思います。


まぶたの部位別に、どのような解消法があるかご紹介します。



上まぶたのくぼみ
目の上がくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりするだけではなく、くぼみが強いと目を開けにくくなるので、頭痛や肩こりの原因になる事がありますし、額や眉間の深いしわの原因になる事もあります。



上まぶたのくぼみは、単に上まぶたの脂肪が減ってくぼんでいるだけの場合と、眼瞼下垂を伴ってくぼんでいる場合があるようです。



脂肪が減ってのくぼみは、ヒアルロン酸やPRP(多血小板血漿)の注入で、若々しい上まぶたを取り戻す事が可能です。


どちらの方法も非常に細い針で注入していくので、痛みはわずかで腫れも殆ど無いという事です。



眼瞼下垂の場合は、まぶたの脂肪がまぶたの奥に引き込まれてしまうために、くぼみ目になり、さらに額の筋肉を使ってまぶたを開けようとして、眉毛を拳上するため、まぶたはよりくぼみ易くなってしまいます。


この状態でヒアルロン酸やPRPを注入すると、まぶたがより重くなり、さらに目を開けにくくなってしまうため、こちらは眼瞼下垂の治療を行わないといけません。



下まぶたのくぼみ
目の下のまぶたは、加齢による影響が最も出やすいパーツです。


中でも下まぶたがくぼんだ状態は一般的にクマと呼ばれ、早い人では20代後半くらいから、多くの人に現れてきます。



この部分にヒアルロン酸やPRPなどを注入し、膨らませる事でクマを目立たなくする事が出来ます。



効果は、ヒアルロン酸で半年〜1年、PRPで約3年持続するそうです。


手術による半永久的な治療もありますが、まずは注入の方が入って行き易い感じがしますよね。




以上、目のくぼみを解消するには・・・について紹介してきましたが、目のくぼみと言えば、平坦な日本人から見ると彫りが深い顔という見方も出来ます。


女優でも、野際陽子さんや夏木マリさん、最近の米倉涼子さんは、目のくぼみはあっても、皆さん美しいですよね。


彫りの深さを活かして、独特のメイクで楽しむというように気持ちを前向きに持つ事も表情を明るくして、ある種の解消法になるのでは・・・と思います。


 
 
 
 
 

目のくぼみ解消

目のくぼみに効くマッサージや化粧品

目のくぼみに効く効果的なマッサージ方法は…

くぼんだ上まぶたの上部、つまり眉毛の部分を、
眉頭から眉尻に向って、
指で眉骨をしごくように少し強めにマッサージします。


これをやると、眉毛の部分が少し痛いと思いますが、それは老廃物が溜まっている証拠なので、念入りに流しておいて下さい。


老廃物が溜まってむくんでいると、重みで余計な影が下に出来ます。
くぼんでいる上の部分をスッキリさせて、くぼみの段差を目立たなくさせるという、目のくぼみ解消法です。



コラーゲンを口から皮膚から摂る
肌のコラーゲン減少によって弾力とハリが無くなるという事は、皆さんご存知だとは思います。

マッサージやエクササイズと共に、やはりコラーゲンを自分で作れるような食べ物を摂ったり、サプリで補うというのも大切な事だと思います。


意識して、鶏の軟骨や皮、手羽先、牛スジ、魚の皮、フカヒレ、うなぎ等、コラーゲンたっぷりのモノを食事に取り入れるか、無理な人はコラーゲンのサプリで積極的に補って下さい。



また、コラーゲンが肌から浸透するコスメとしては、ビーグレンのアンチエイジングセットの評判が良いようです。


コラーゲンやヒアルロン酸が高濃度で吸収が良く、ビタミンC美容液は酸化から守り、コラーゲン層を刺激して、ハリや弾力のある肌を作ってくれるとか・・・

試して見る価値はありそうです。


 
 
 
 
 

目のくぼみ解消

目のくぼみを解消するには⇒自力編

目のくぼみを作る最大の敵は、筋肉の衰えです。


よく、高級アイクリームを使ったけど、目のくぼみは解消しません・・

という声を聞きますが、確かに目の周りに栄養を補充する事も大切なものの、筋肉の衰えを手付かずにして、くぼみを改善する事は出来ません。



目のくぼみは改善するのが難しい部分となるます。

なので、初期段階のうちからお手入れを始め、くぼみに発展させないようにする事が一番なのです。

もうすでに目のくぼみ出来てしまった方は、目の筋肉と共に、目に付随する筋肉に力を付け、骨格に吸い込まれないようにする事が必要になって来ます。



良い筋肉を作るには、皮膚の栄養と、顔筋ストレッチが効果的です。


目のくぼみを解消する為のストレッチやマッサージは・・・

眼輪筋を鍛える
正面を向いてウィンクしたまま、眼球を上に向けて1分、これを交互に、という簡単なものも紹介されていますが…

・目の上のくぼみ
・目の下のくぼみ
・目のフチのくぼみと、さ

まざまな悩みを解消する為の眼輪筋のエクササイズを紹介します。



〇上まぶたの眼輪筋を鍛えるには
中指を眉頭に、人差し指を眉尻に、Xサインをする感じで置きます。


この2本の指で眉を押し上げて3秒間保ち、両手の指を離してリラックスします。


これを3回繰り返します。



〇まぶたのフチの眼輪筋を鍛えるには
目を閉じて、上まぶたのフチに力を入れるようにして、3秒間保ちます。


まぶたの力を抜いてリラックスします。


これを3回繰り返します。



〇下まぶたの眼輪筋を鍛えるには
今度は目の下でXサインをする感じで、中指を目頭に、人差し指を目尻にあてます。


中指を外側に引き伸ばすようにして3秒保ち、両手の指を離してリラックスします。


これを3回繰り返します。



これを朝晩2回やると、目のくぼみに効くだけではなく、しわも消えで、目がひとまわり大きくなるそうです♪

 
 
 
 
 


目のくぼみ解消

気になる目のくぼみの原因

最近、鏡を見ると老けた感じがする・・・

朝起きた時はふっくらしていたまぶたが、夕方になるとくぼんで、げっそり疲れた顔になる・・・


と悩んでおられませんか?

目は心の窓という言葉もありますが、目のくぼみは実年齢よりも5歳くらい老けて見えるとも言われていて、本人にとっては何としても解消したい深刻な悩みだと思います。


若い時には目のくぼみが無く、加齢とともにくぼんできた・・・

というのは、やはり老化現象の過程にあると考えて、何らかの解消方法を考えないとなりません。


目の老化の初期の段階では、二重瞼が奥二重になってきたという変化が見られます。


一重瞼の方でしたら、眠そうな目になってきた、という感じです。


その後次第に・・・

・若い時より目が小さくなって来た。

・目尻が下がって来た。

・目尻にシワができた。

・瞼が痩せて、シワが出来た。

・そして、目がくぼんで来た。


という感じで、目は様々な老化サインを出しています。


今回は、目のくぼみについて、原因や解消する方法などをご紹介していきます。


年齢とともに目の周りの脂肪や筋肉の量が減り、また本来あるべきところの脂肪が下垂した結果できるのが、くぼみ目です。


目のくぼみの原因は、皮膚の栄養不足から始まります。

目そのものの筋肉である眼輪筋の衰えはもちろん、
それに付随する前頭筋という額の筋肉、
側頭筋というこめかみ辺りから上の側頭部の筋肉なども同時に衰え、

支えきれなくなってくるのです。



さらに正確に言えば、頭皮の緩みから始まり、額の緩みが集まって骨格的にホールになっていて、支えの土台が無いため、上からの緩みが骨格のホールに吸い込まれて、目のくぼみとなってしまうのです。


この老化の原理が分かると、どのようにしたら目のくぼみが解消出来るかも分かって来ますよね。


 
 
 
 
 

プライバシーポリシーについて
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。